11/26 0:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,296.86 +131.27
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,380 +150

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

[映像あり]

Abalance 光行 康明社長

2020年11月25日

東京都、28日から時短営業要請へ 飲食店など3週間メド [映像あり]

官房長官、尖閣巡り懸念伝達中国外相と会談

2020年11月25日

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

三井住友DSアセット、資産運用機能を集約 11月から

金融最前線
2020/10/26 19:00
保存
共有
印刷
その他

三井住友DSアセットマネジメントは26日、株式や債券など複数の運用部門を11月から集約すると発表した。資産運用関連の7部署を統合し、事務作業を担う部署も設ける。ファンドマネジャーが運用に専念できるよう業務体制を効率化する。

株や債券、海外資産などを一括して担う「運用部」を新設する。運用機能に加え、アナリストが手掛ける企業調査や経済見通しなどを分析する機能も集約する。同社は三井住友アセットマネジメントと大和住銀投信投資顧問が統合し2019年4月に発足。統合後も旧会社ごとに別々に分かれていた部署も統合する。

事務を集約する部署も新たに設ける。それぞれの部署で手掛けていた事務作業を1つの部署に集めて、運用体制の効率化を図る。従来はファンドマネジャーが事務も負担するケースが多かった。

運用会社ではファンドマネジャーの手腕が顧客資産に影響する。アセットマネジメントOneや野村アセットマネジメントが成果を報酬に反映させやすい「ジョブ型雇用」を導入するなどファンドマネジャーの働き方を見直す機運が高まっている。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム