/

この記事は会員限定です

大山会長 アイリスはなぜメーカーベンダーに転じたか

大山健太郎「いかなる時代環境でも利益を出す仕組み」(2)

[有料会員限定]

前回(「フォーカスすべきは製品を使う人」参照)お話しした、ユーザーインで需要創造型の製品を開発しても、特に新興メーカーが新しい製品を売ろうとするときには、2つの壁が立ちはだかります。

まず、問屋の壁。問屋にしてみれば、売れるか売れないか分からないものはできれば扱いたくない。そこで最初のふるいにかけられます。

次に、小売店の壁。バイヤーにとって、今まで見たことがない新しい製品を扱うのはリスクです。自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3702文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン