/

この記事は会員限定です

16連射の高橋名人、札幌に好機到来「もっとCMを」

[有料会員限定]

ファミコン全盛期に「16連射」で一世を風靡した高橋名人(61)は札幌・琴似出身。ゲームメーカー、ハドソン(現コナミデジタルエンタテインメント)で伝道師として活躍した当時からの札幌愛は、還暦を過ぎても衰えない。オンライン取材は往年のマシンガントークの独壇場だった。

■本名 高橋 利幸(たかはし・としゆき) 1978年(昭53年)東海大四高(現東海大札幌高)卒、北海道自動車短大に入学し中退。札幌フードセンター(現イオン北海道)入社。82年同社退社後にハドソン(現コナミデジタルエンタテインメント)に入社し上京。1秒間に16回ボタンを連打する16連射を武器に、ハドソンの広告塔として活躍した。11年退社。趣味はツーリング。

――82年から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1561文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン