88万円EVや短距離FCV 新興企業がニッチ電動車で勝負

2020/10/26 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)といった電動車ビジネスに取り組む名古屋市の中小企業が増えている。EV開発のブレイズは11月に低価格のEVを発売する。長距離移動の機能をそいだ小型FCVの開発に乗り出す企業もいる。既存の大手自動車会社が手をつけないニッチ分野に力を入れることで存在感を高める戦略だ。

ブレイズは11月に新型EV「EVクラシック」を発売する。一充電での航続距離は50キロメートルで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]