/

この記事は会員限定です

88万円EVや短距離FCV 新興企業がニッチ電動車で勝負

[有料会員限定]

電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)といった電動車ビジネスに取り組む名古屋市の中小企業が増えている。EV開発のブレイズは11月に低価格のEVを発売する。長距離移動の機能をそいだ小型FCVの開発に乗り出す企業もいる。既存の大手自動車会社が手をつけないニッチ分野に力を入れることで存在感を高める戦略だ。

ブレイズは11月に新型EV「EVクラシック」を発売する。一充電での航続距離は50キロメートルで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン