金融教育のABCash、5・5億円調達

2020/10/26 12:59
保存
共有
印刷
その他

女性向けに金融教育を手掛けるABCash Technologies(エービーキャッシュテクノロジーズ、東京・渋谷)は、第三者割当増資で約5.5億円を調達したと発表した。引受先はエイブル&パートナーズやセゾン・ベンチャーズ(東京・豊島)など。家計管理や資産運用など金融に関するアドバイスが受けられるサービスを拡大。現在20人ほどいる教育担当のコンサルタントの採用を強化する。

ABCashが提供するサービスのイメージ

ミレニアル世代の女性向けにサービスを提供する。先生役となるコンサルタントから週1回60分、オンラインで3カ月の講義を受ける。その後9カ月間は定期的にチャットでアドバイスを受けられる。1年間の利用料は税別30万円。

8月には法人向けに社員の福利厚生として金融教育を提供するサービスを始めた。従業員1人あたり月額税別380円で、金融に関する約100本の動画を閲覧できる。1年に1度オンラインでカウンセリングも受けられる。法人向けサービスの経験者を個人プランに振り向けたい考えだ。

同社は金融商品の販売はせず、金融教育を施す事業に特化している。現在、受講者は約6000人で、今後男性やシニア層へも展開する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]