/

この記事は会員限定です

万博、石川勝氏 「壮大な公共事業と興行 調和カギ」

万博×コロナ×未来 プロデューサーに聞く(4)

(更新) [有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場運営プロデューサーに就任したプランナーの石川勝氏(56)。05年の愛知万博でチーフプロデューサー補佐を務めた経験を生かし、会場管理や集客など運営全般を監督する石川氏に、25年万博の運営ポイントなどを聞いた。

――1970年の大阪万博は入場者が6400万人にも上り、大成功だったといわれています。

「64年の東京五輪の成功体験...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5334文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン