/

この記事は会員限定です

分権で区役所活性化を

(時流地流)

[有料会員限定]

◆大阪都構想の住民投票をきっかけに大都市制度に再び注目が集まっている。一方で二の次になりがちなのは、政令指定都市で地域にとって一番身近であるはずの区役所への都市内分権だ。

◆各政令市は10年以上前からそれぞれで公募区長制導入や区役所が裁量で使える予算増額、福祉相談や防災対策の人員増強などを進めてきたが、「窓口」の域を出ない区役所もまだ多い。区長公選で産業政策などで独自対策を打てる特別区の東京23区とは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン