/

あおり運転容疑、自転車に初適用 埼玉「ひょっこり男」

(更新)
自転車を対向車線にはみ出させる成島明彦容疑者(沢屋酒店提供)=共同

自転車で車の前に飛び出すなど危険な運転をしたとして、埼玉県警は26日、同県桶川市寿1、パート、成島明彦容疑者(33)=別の暴行容疑で逮捕=を道交法違反(あおり運転)の疑いで再逮捕した。県警によると、あおり運転を厳罰化した6月の改正道交法施行後、自転車への適用は全国初。

同容疑者は桶川市や上尾市で、対向車の前に突然飛び出す運転を繰り返し、住民から「ひょっこり男」と呼ばれていた。今年2月以降、被害の報告は40件を超え、姿を見ただけで住民が通報するケースもあった。県警は、逮捕容疑以外の迷惑運転についても調べる。

再逮捕容疑は10月5日午後2時すぎ、桶川市の市道を自転車で蛇行運転し、県内在住の女性(44)が運転する乗用車とすれ違う直前、センターラインからはみ出す寸前の位置に飛び出すなど、故意に危険な運転をした疑い。けが人はなかった。

行為を認める一方、「車の運転手のマナーが悪いので注意を促した」と供述している。

同容疑者は昨年にも、自転車の迷惑運転を巡って逮捕され、道交法違反などの罪で起訴された。今年2月に有罪判決を受け、執行猶予期間中の10月5日、運転を注意した男性(72)の胸ぐらをつかむなどしたとして、上尾署に暴行容疑で逮捕された。

署は周辺を走行していた車のドライブレコーダーの映像を解析し、同容疑者の行為があおり運転に該当すると判断した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン