/

この記事は会員限定です

首相が所信表明演説 各論積み上げ、実務型

[有料会員限定]

菅義偉首相は26日の所信表明演説で、脱炭素社会の実現や携帯電話料金の引き下げ、デジタル庁創設、不妊治療の保険適用といった各論に重きを置いた。歴代政権が演説で多用した逸話やエピソードといった記述は極力抑え、実務的な内容とした。

「政策メニューは出そろっている。あとはやるかやらないかだ」。首相は9月の自民党総裁選後、自身の政権運営について周辺にこんな意欲を示したことがあった。今回の所信演説はこのときの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン