臨時国会が開会 12月5日まで41日間

菅内閣発足
2020/10/26 9:30 (2020/10/26 14:09更新)
保存
共有
印刷
その他

臨時国会の開会式に臨む菅首相(26日)

臨時国会の開会式に臨む菅首相(26日)

第203臨時国会が26日召集され、午後に参院本会議場で天皇陛下を迎えて開会式を開いた。この後の衆参両院本会議で菅義偉首相が初の所信表明演説に臨んだ。各党代表質問は衆院が28、29両日、参院が29、30両日に実施する。会期は12月5日までの41日間となる。

政府は新型コロナウイルスのワクチン接種に関する法案や日英経済連携協定(EPA)の承認案など計10本の法案・条約を提出する。

立憲民主党など野党は日本学術会議が推薦した会員候補6人を首相が任命しなかった問題を追及する。

菅首相は26日午前、首相官邸で記者団に「国民のために働く内閣として、今後取り組んでいくべき政策の大きな方向性や、政権運営への私の決意を申し上げたい」と述べた。

ワクチン接種に関する法案などを挙げて「速やかに成立できるよう取り組みたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]