/

富山県知事選、新田氏が初当選

富山県知事選で初当選を決め、支援者と万歳する新田八朗氏(中央、25日夜、富山市)=共同

任期満了に伴う富山県知事選は25日投開票され、無所属新人で日本海ガス前社長の新田八朗氏(62)が、無所属で現職の石井隆一氏(74)、無所属新人の非政府組織(NGO)代表、川渕映子氏(71)を破り、初当選を決めた。投票率は60.67%で、前回の35.34%を25.33ポイント上回った。

新型コロナウイルスで影響を受けた地域経済の再生策や、4期務めた石井氏の多選の是非が争点になった。新田氏は民間の手法で県政を変えると強調。自民、公明、国民民主各党の県組織の推薦を受けた石井氏と事実上の一騎打ちとなった保守分裂選挙を制した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン