/

菊花賞、コントレイルが優勝 無敗で三冠達成

コントレイルが15年ぶり史上3頭目の無敗での3歳三冠を達成した。競馬の第81回菊花賞(G1・芝3000メートル)は25日、京都競馬場で18頭が出走して行われ、圧倒的1番人気に推されたコントレイル(福永祐一騎手)が3分5秒5で優勝。皐月賞、日本ダービーに続き三冠を達成。3歳三冠は9年ぶり史上8頭目で、無敗での達成はコントレイルの父ディープインパクト以来。

コントレイルは昨年12月にG1のホープフルステークスも勝っており、ディープインパクト産駒の牡馬では初めて、4つの国内G1を制した。首差の2着に4番人気のアリストテレスが入った。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン