/

この記事は会員限定です

[社説]民間の力を生かし改革に推進力を

[有料会員限定]

菅義偉政権は政府や地方自治体のデジタル化を最優先課題にあげている。日本経済の低い生産性の理由には、アナログな行政とそれに引きずられる企業側の立ち遅れがある。デジタル改革を実のあるものにするには、まずは課題を明確にする必要がある。

第一に国にも自治体にも、デジタル化の本質をつかみ、システムをデザインできる人材が不足していることを再認識すべきだ。

国も自治体も人材不足

これまで国のデジタル行政の司令塔は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1491文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン