/

この記事は会員限定です

「両利きの経営」で製造業に変革起こす

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

既存の大企業がイノベーション(革新)を起こすための理論「両利きの経営」に注目が集まっている。日本の製造業が革新的な製品を生み出し、再び存在感を高めるにはどうすべきか。製造業の経営に詳しい大阪大学の延岡健太郎教授に、両利きの経営の実践法を聞いた。

両利きの経営は成熟事業を深掘りする「深化」と新領域を開拓する「探索」という2つの活動をバランスよく進めることが、イノベーションを生み出すのに欠かせないと説...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2610文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン