不動産3万6000社をデジタル化 全日本不動産協会
ITベンチャーのオープンルームと提携

2020/10/24 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界に比べ遅れている不動産仲介のデジタル化が動き出す。全国約3万6000社が加盟する全日本不動産協会はIT(情報技術)ベンチャーと業務提携し、物件紹介や顧客とのやり取りをクラウド上でできるようにする。中小企業が多く、情報管理も紙が中心の会員のデジタル化を後押しし、非対面の接客など新型コロナウイルスの感染防止にもつなげる。

年内にも顧客情報管理(CRM)ソフト開発のオープンルーム(東京・渋谷、田沼…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]