富士通、社内DXを推進 SAP元社長が主導の専門プロジェクト発足

2020/10/24 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通は自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する専門プロジェクトを立ち上げた。2020年4月にSAPジャパンから入社した福田譲執行役員常務が主導し、部門横断で業務効率化などに取り組む。自社DXに向けた取り組みに約1千億円を投資するとしており、福田氏は「3年後には業績の改善効果が出てくる」としている。

福田氏は日本経済新聞の取材に対し「グループで約13万人の社員を抱える富士通が自社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]