米コロナ新規感染、8.3万人 過去最多に

新型コロナ
北米
2020/10/24 18:43
保存
共有
印刷
その他

ドライブスルーによるコロナ検査の様子(22日、ウィスコンシン州)=ロイター

ドライブスルーによるコロナ検査の様子(22日、ウィスコンシン州)=ロイター

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、米国で新型コロナウイルスの新規感染者が23日、約8万3700人となった。1日あたりの感染者数としては直近のピークだった7月を上回って過去最多を更新した。感染拡大のペースは急加速しており、経済再開を阻害する恐れが強まっている。

日本時間24日午後4時時点の米国の累計感染者数は約849万人。9月半ばまで4万人前後で推移していた1日あたり感染者数は、10月に入ってから右肩上がりのグラフを描く。ミシガン州やノースダコタ州、ウィスコンシン州など中西部の州の感染拡大が目立つ。全米の累計の死者数は約22万4000人となった。

ワシントン大の保健指標評価研究所は23日、2021年2月末までに米国の累計死者数が51万人を超える恐れがあると警告。人口の95%が公共の場所でマスクを着用すれば、このうち約13万人の命が救えるとした。

22日の米大統領選のテレビ討論会でトランプ大統領は「感染拡大は峠を越えた」と述べ、収束が近いとの見方を示した。だが、感染者数は厳しい現実を映す。収束時期が遠のくほど米国経済の持ち直し期待は薄れる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]