ソフトバンク、携帯乗り換え手数料撤廃へ

ネット・IT
2020/10/24 17:40
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクが、電話番号を変えずに別の携帯会社に乗り換える利用者から徴収する手数料を撤廃し、無料にする方向で検討していることが24日、わかった。現在は3000円(税抜き)徴収している。

番号を変えずに別の携帯会社に乗り換える「番号持ち運び制度(MNP)」について、総務省はネットでの手続きを無料とする一方、携帯各社のコスト負担を考慮し、店舗や電話で手続きする場合は上限1000円として手数料の徴収を認める方針だ。ソフトバンクは独自で手数料を撤廃し、無料にすることを検討する。NTTドコモKDDIも今後対応を検討するとみられる。

携帯各社は現在、利用者がMNPで契約会社を変更する場合、一律3000円の手数料を課している。MNPの手数料が利用者の乗り換えを妨げ、携帯会社の競争を阻害する一因になっていると指摘されてきた。

総務省の有識者会議は23日に、MNPの手数料を原則無料とすることなどを盛り込んだ報告書案をまとめた。総務省が関連のガイドラインを改正し、2021年春までに適用する見通し。乗り換えによって携帯会社間の競争を促していく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]