/

この記事は会員限定です

特定技能合格者、来日始まる なお8000人がアジアで待機

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】新在留資格「特定技能」の海外での試験に合格した外国人の日本への渡航が始まった。カンボジアの介護試験の合格者が24日までに来日。この資格は2019年4月に導入されたが、新型コロナウイルスで各国が渡航を制限し、合格者は足止めされていた。アジア各国ではなお計8000人近い合格者が待機している。

関係者によると、カンボジアから入国した合格者は5人ほどで、10月に北海道の介護施設で働き始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン