/

NYダウ反落、28ドル安 インテル急落が重荷

(更新)

【NQNニューヨーク=川内資子】23日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に反落し、前日比28ドル09セント(0.1%)安の2万8335ドル57セントで終えた。追加の米経済対策の与野党協議を巡る不透明感が意識されるなか、低調な決算を発表した半導体のインテルなどが売られ相場の重荷となった。

追加の経済対策で野党・民主党のペロシ下院議長と協議するムニューシン米財務長官は23日、与野党の主張には「大きな隔たりがある」と述べ、民主党側に譲歩を求める姿勢を示したと伝わった。トランプ米大統領も「民主党(が優勢な)州の救済のための合意はしたくない」と述べたと報じられた。合意には時間がかかるとの警戒感が強まった。

ダウ平均は上昇する場面もあった。米食品医薬品局(FDA)が22日、新型コロナウイルス治療薬として、バイオ製薬のギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」を承認した。米国で初のコロナ治療薬の承認となり、コロナの感染拡大の阻止につながるとの期待が強まった。

インテルは22日夕に発表した2020年7~9月期決算を受け、目標株価を引き下げるアナリストが相次ぎ、株価は11%安と急落。20年7~9月期決算が減収減益となり1株利益が市場予想に届かなかったクレジットカードのアメリカン・エキスプレスは3%超下げた。一方、医療保険のユナイテッドヘルス・グループやドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが上げが目立った。

ナスダック総合株価指数は続伸し、前日比42.28ポイント(0.4%)高の1万1548.28で終えた。ネット検索大手グーグルの親会社アルファベットや交流サイト(SNS)のフェイスブックなど大型ハイテク株の一角が上昇した。中国で高級セダン「モデルS」など数万台をリコール(回収・無償修理)すると報じられた電気自動車(EV)のテスラは1%下げた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン