/

この記事は会員限定です

余裕のない日本、エビデンスに基づいた政治を

小林喜光 三菱ケミカルホールディングス会長

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策に追われた今夏の終わりに突然訪れた安倍晋三前首相の辞任には、個人的にも感じ入るものがありましたし、一抹の寂しさを覚えました。

7年8カ月に及んだ第二次安倍政権の初期から、経済財政諮問会議や産業競争力会議といった政府の会議体に民間議員として参加しましたし、2015年から4年間は経済同友会の代表幹事として、豊かな経済社会実現のため、積極的に政策提言も行ってきました。現在も規制改革...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3118文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン