/

中井貴一、鈴木京香の共演で大人のラブコメ

こっぴどい別れを経験した大物俳優2人が25年ぶりに仕事で再会したら――。10月26日から始まった連続ドラマ「共演NG」(テレビ東京系、毎週月曜夜10時)は、そんな大人のラブコメディーだ。かつて恋人同士だった大物俳優を演じるのは中井貴一と鈴木京香。中井は「あんな50代になってみたいと(視聴者に)思われるようなドラマではないか」と手応えを語る。

若い頃は「結婚したい男」のナンバーワンだった遠山英二(中井)と最近は「上司にしたい女優」のトップに立つ大園瞳(鈴木)。英二の二股交際が原因で破局して以来、2人は共演お断りを意味する「共演NG」だった。だが、テレビ東洋(テレ東)の社運をかけたドラマ「殺したいほど愛している」で共演する羽目に。しかも他の出演者たちの中にも「共演NG」の組み合わせが何組もあることが分かる。

企画・原作は秋元康、演出は「モテキ」などコメディー作品に定評のある大根仁。記者会見の会場入りの順番を巡り、主人公2人がつばぜり合いを演じるなど、現実にありそうなドラマの制作現場のドタバタぶりも見どころだ。

中井は「コロナ禍の今、人々の心を癒やすのは文化や芸術。その端くれに僕たちの仕事はある。この大人のコメディーが少しでも皆さんの楽しい時間になれば」と話す。一方の鈴木は「(ドラマの制作現場という)職場を舞台にしたドラマは私にとって新鮮だった」と撮影を振り返り、「肩肘張った瞳が最後にやっと素直になれる。2人のラストシーンが好き」と語る。

「いろいろな経験をしてきた男と女が再会し、これからの人生をどう歩むのか。コメディーであり、(胸が)きゅんとするシーンもある。テレビドラマは面白くないといわれる昨今だが、捨てたものではないし、可能性はたくさんあると僕は思っている」と中井は話す。

(関原のり子)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン