大都市が「課題先進地」に、権限・財源移譲へ独立模索
岐路に立つ政令市(上)

宮内 禎一
大阪都構想
大阪
千葉
宮城
神奈川
兵庫
東京
関西
東北
地域総合
編集委員
2020/10/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大都市は今後、人口減少や急速な高齢化、インフラ老朽化に加え、頻発する自然災害や感染症対策でも地方以上の「課題先進地」となる。政令指定都市や特別区といったこれまでの大都市制度で対応は可能なのか。11月1日に迫る大阪都構想の住民投票は単に大阪ローカルの問題ではなく、全国の大都市制度のあり方にも一石を投じている。

全国20の政令指定都市で構成する指定都市市長会は、都構想の住民投票直後の11月初旬、「特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]