小売り、店舗形態見直し加速 ミニストップ完全無人店

2020/10/23 23:00 (2020/10/24 5:36更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の小売業で無人店舗が広がり始めた。コンビニエンスストア中堅のミニストップは11月から企業のオフィスの中など約1000カ所に、支払いまでを客が自分でする小型店を出す。高級スーパーの紀ノ国屋も無人店を展開する。深刻な人手不足に新型コロナウイルスへの対応も重なり、店舗形態の見直しが加速している。

ミニストップが始める無人店舗は商品棚を2~3つ程度並べた小型店で、広さは3~10平方メートルとオフィス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]