英EU協定の動向、日本企業を左右

2020/10/23 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日英両政府が23日に署名した経済連携協定(EPA)によって、日英間の貿易で2021年1月に関税が大きく上がるのは避けられる見通しとなった。実際に円滑な企業活動を維持するには日英間の協定だけでは不十分で、英国と欧州連合(EU)の通商交渉がカギを握る。

「新たな時代の幕開けをこの日本という国で迎えられるのは、誠にふさわしい」。訪日したトラス英国際貿易相は茂木敏充外相とのEPAの署名を終え、こう述べた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]