/

4G電波の5G転用、ソフトバンクも認可 総務省

総務省は23日、携帯電話で現行の4G(第4世代)の電波を次世代の5Gサービス向けに転用するソフトバンクの計画を認可した。5Gの早期普及を促すため8月の省令改正で電波を転用できる制度を整えていた。KDDIも既に認可を受けている。

5Gは国内で今春に商用サービスが始まった。まだ利用できるエリアは少ない。既に全国に基地局がある4Gの電波を転用すれば、普及のスピードが上がる。転用電波は多数の機器に同時接続できるといった5Gの特長を発揮でき、産業利用が加速する期待がある。通信速度自体は4G並みにとどまるため一般消費者への周知も課題になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン