/

この記事は会員限定です

エーザイ内藤CEO「認知症薬とともに生きて死ぬ覚悟」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

エーザイは認知症の発症予防から治療まで幅広く担うことを目指している。米バイオジェンと開発する新薬は米食品医薬品局(FDA)が2021年3月までに承認の可否を判断する。健康な人には脳の健康を管理するアプリを提供し、データを解析して認知症の予測などに役立てる。内藤晴夫最高経営責任者(CEO)に戦略を聞いた。

――アルツハイマー型認知症の進行抑制が期待される新薬「アデュカヌマブ」の共同開発が進んでいます。現状は。

「承認の審...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2279文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン