/

この記事は会員限定です

日銀特別オペ利用減少 22日実施分、7月以来の低水準

[有料会員限定]

日銀が金融機関に有利な条件で資金を供給する新型コロナウイルス対応の特別オペ(公開市場操作)の利用が細ってきた。22日実施分は貸付額が2兆7560億円と、約10兆円だった9月の前回オペから大きく減り、7月以来の低水準だった。資金の返済期日がオペの実施期限である2021年3月末を越え、借り換えへの不透明感から利用が減った。

金融機関は特別オペに参加すると、借りた額と同じ金額の日銀当座預金で0.1%の金利を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン