/

この記事は会員限定です

北海道の6次産業化に試練、官民ファンド投資終了へ

[有料会員限定]

北海道の農業が力を入れてきた「6次産業化」が転換期を迎える。生産から加工や販売に進出する法人に投資する官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)」は損失の拡大で廃止される。競争力向上は道半ば。高齢化と人手不足が迫り、新たな手を打つ必要がある。

農林漁業の6次産業化は1次産業の事業者が2次、3次産業までも自ら手掛けるようになる事業拡大を指す。例えば、小麦を生産している事業者がパンなどの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン