/

北陸新幹線の予定通り延伸で連携 石川と福井知事

石川県の谷本正憲知事と福井県の杉本達治知事は23日、金沢市内で懇談会を開いた。北陸新幹線の金沢―敦賀間の延伸について予定通り2023年春に開業するよう政府・与党に要請することで一致。同区間の並行在来線は金沢―福井間で相互乗り入れし、乗り継ぎ割引制度で運賃を抑えることでも合意した。

金沢―福井間で車両の相互乗り入れをする(左が福井県の杉本知事、右が石川県の谷本知事)

新幹線の延伸工事は入札の不調や地盤のひび割れなどで遅れが出ている。福井県内では再開発などが進んでおり、杉本知事は「できるだけ日程に沿ってやっていただけるように活動を強化する」と話した。谷本知事も「(23年春の延伸について)政府・与党が申し合わせをしたことは非常に重い。最大限の努力をしてもらわないといけない」と話した。

新幹線の敦賀延伸と同時にJR西日本は北陸本線の金沢―敦賀間の経営を切り離し、並行在来線となる。石川県、福井県の第三セクターの会社がそれぞれの県域分を運営し、境界駅は大聖寺(石川県加賀市)となる。乗降客の多い金沢と福井の間でそれぞれの車両が相互に乗り入れる。両社の区間をまたいで利用する際、初乗り運賃の二重負担を避けるために乗り継ぎ割引を導入する。

そのほかには、22年度中に両県が共同で広域観光を促進するガイドブックを作成するほか、アンテナショップの連携などにも取り組む。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン