/

なばなの里イルミネーション、24日から 奇跡の大樹テーマに

花のテーマパーク「なばなの里」(三重県桑名市)で23日夜、17回目を迎えるイルミネーションの内覧会が行われた。今シーズンのテーマは「奇跡の大樹」で、メイン会場では高さ約35メートル、横幅約155メートルの空間を使った光と音の絵巻ショーが披露された。

「奇跡の大樹」をテーマにしたイルミネーション(23日、三重県桑名市)

今シーズンは24日から始まり、2021年5月31日まで開催。ナゴヤドーム3個分の広さのパーク内には長さ200メートルの光のトンネルなど計10のイルミネーションポイントを設置した。新型コロナウイルスの感染防止対策で「密」を避けるため、メイン会場の最前列の鑑賞エリアを拡大。「見上げるような光景を楽しめる」とPRする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン