/

米大統領選、激戦州で接戦 最終盤で波乱含み

テレビ討論に臨むトランプ米大統領(左)とバイデン前副大統領(右)(22日)=ロイター

【ワシントン=永沢毅】米大統領選で両候補の支持率は僅差だ。政治サイトのリアル・クリア・ポリティクスによると、22日時点の各種世論調査の平均でバイデン前副大統領のリードは全米で7.9ポイント。今月に一時10ポイントだった差が再び縮んだ。

中西部ミシガン、南部フロリダなど激戦6州平均でバイデン氏のリードは4.1ポイントとさらに接戦だ。2016年大統領選では同時期にクリントン元国務長官の激戦州のリードは3.8ポイントだった。

一方、バイデン氏は西部アリゾナ、南部ジョージアなど共和党地盤の州で優勢にある。トランプ氏は今月、両州で複数回の選挙集会を開いた。他の激戦州に力を割きたい時期だけに、共和党内から「最終盤で防戦に立たされているのは厳しい」との声もある。

16年大統領選では選挙直前の10月28日、クリントン氏のメール問題を再捜査すると米連邦捜査局(FBI)が発表、情勢が一変した。今回も10月にトランプ氏が新型コロナウイルスに感染し、バイデン氏も息子ハンター氏を巡る疑惑が取り沙汰されるなど波乱含みだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン