/

この記事は会員限定です

茨城で初のeスポーツ交流戦 異業種企業・団体集う

[有料会員限定]

茨城県は22日夜、県内企業・団体によるゲーム対戦競技「eスポーツ」の交流戦を水戸市で初開催した。異業種交流の場を提供するとともに、社内コミュニケーションや福利厚生の効用を周知するのが狙い。今後は月1回ほど開く予定だ。

開催場所は県がeスポーツ事業を委託したIT(情報技術)企業、アプリシエイト(水戸市)の本社。有志の企業・団体関係者が2~3人ずつの16チームを組み、トーナメントで楽しんだ。

サッカー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン