石元泰博展 日本写真に新風吹き込んだデザイン感覚

アートレビュー
2020/10/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2021年に生誕100年を迎える写真家、石元泰博(1921~2012年)の、かつてない規模の回顧展が始まった。米国に生まれ、米国仕込みのデザイン感覚で戦後日本の写真界に新風を吹き込んだ異色の写真家。実験精神あふれる仕事の全貌をたどる。

東京2カ所と来年1月にスタートする高知の計3会場で展示される作品数は600点超。きわめて多彩な仕事を振り返るには、これくらいの規模が必要なのだろう。

会場のひと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]