今こそ「両利きの経営」を 大企業の蘇生術を考える
上級論説委員 西條 都夫

西條 都夫
核心
編集委員
2020/10/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営学の世界で近年最も注目されているキーワードが「両利き(ambidexterity)の経営」だ。提唱者の一人で今年初めに来日した米スタンフォード大学のチャールズ・オライリー教授は「資金や人材、ブランドを有する大企業の生命力は強固と思われがちだが、それは錯覚だ」という。

新型コロナをはじめ、デジタル化の加速や米中対立の深刻化など企業を取り巻く環境は日々変わっている。変化の渦にのみ込まれ、破綻はし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]