/

東京ドームで収容80%の影響検証 五輪開催見据え

政府は23日、イベント制限緩和に向けた実証実験の実施を決めた。東京ドーム(東京・文京)で11月7~8日に開くプロ野球の試合を対象に、定員の50%とする現行の上限を80%程度まで緩和する。23日の新型コロナウイルス分科会で議論し、専門家の了承を得た。

コロナ政策の担当者は一連の実証実験に関し「東京五輪で競技場に観客を入れられるかの試金石になる」と語る。

カメラなどを使って人の流れを観測し、人口密度が高くならないよう誘導する。二酸化炭素(CO2)の濃度を測定し換気状態も確認する。入場前や退場後の来場者の動態データも取得して分析する。

実証実験は横浜スタジアム(横浜市)に続き2例目。横浜スタジアムでは10月30日~11月1日の3日間、定員の80%以上の収容を認める。

政府はイベントの入場制限を段階的に緩和している。プロ野球や大規模コンサートなど1万人超のイベントは上限5千人の制限を撤廃し、収容人数の50%までの入場を認めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン