張り子作家の坂田さん、浜松の天狗キャラで郷土史発信
静岡きらり人財

2020/10/23 17:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

浜松市内に伝承が多く残る天狗(てんぐ)をモチーフに創り出されたキャラクター「てんぐちゃん」が人気を呼んでいる。ほっぺから横に伸びる長い鼻などが愛らしいと評判で、遠州地域(静岡県西部)の郷土史を紹介する案内役としてSNS(交流サイト)などで活躍している。そんなてんぐちゃんの生みの親が浜松出身の張り子作家、坂田吉章さん(31)だ。

1月、張り子の個展を市内で初めて開いた。てんぐちゃんの張り子人形など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]