/

意思確認せず契約切り替え 中部電、他社のガスから

中部電力の販売事業会社「中部電力ミライズ」(名古屋市)は23日、電話による営業活動でのやりとりで、顧客に最終的な意思確認をせずに都市ガス契約を他社からミライズに切り替えたケースが、東海3県(岐阜、愛知、三重)で17件あったと発表した。営業マニュアルに、契約意思の確認の文章や必要性を明記していなかったことなどが原因という。

9月下旬、顧客からミライズの販売代理店に「申し込みをした覚えがないのにガス契約が切り替わっている」と電話があり発覚。ミライズの調査で、営業した世帯のうち、17件が契約意思を確認していないにもかかわらず、手続きをしていた。現在も連絡が取れていない契約者がいるため、件数は増える恐れがある。

既に経済産業省へ報告し、対象の顧客はキャンセルなどの対応を取ったという。今後はチェック体制を強化し、再発防止を図るという。

ミライズの木川晶博執行役員は「販売代理店への管理、指導が十分ではなかった。ご迷惑をおかけし深くおわび申し上げます」と謝罪した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン