岩井コスモHD4~9月、営業利益78%増
テレワーク体制が奏功も

2020/10/23 17:41
保存
共有
印刷
その他

岩井コスモホールディングス(HD)が23日発表した2020年4~9月期の連結決算は営業利益が前年同期比78%増の34億円だった。売上高にあたる営業収益は21%増の114億円。新型コロナウイルス禍を受けた各国の経済対策を市場が好感し、国内外の株式取引が好調だった。営業員がタブレット端末などを使って営業が継続できたことも、収益増に貢献したという。

国内・米国株ともに取引が活発だったといい、手数料収入が増加した。政府の緊急経済対策や米連邦準備理事会(FRB)の金融緩和姿勢を好感した株価の上昇が追い風となった。3年前から取り組んでいる、営業員のタブレット端末を使ったテレワークも奏功。コロナ禍で顧客への対面営業が難しくなる中でも、同HD傘下の岩井コスモ証券の4~5月の約定件数は19年10月~20年3月の半年間の平均に比べ5%増で推移していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]