中国排除へ米国の踏み絵 日本に問われる「攻め」

風見鶏
コラム(政治)
2020/10/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8月7日、日本と米国をつなぐテレビ会議が開かれた。異例だったのは出席者の組み合わせである。

米国からは国務省で経済成長・エネルギー・環境を担当するクラック次官。高速通信規格(5G)ネットワークから中国企業を排除する旗振り役で、9月には台湾を訪問して中国包囲網づくりに動いている。

日本側は国務省のカウンターパートである外務省ではなくNTT、KDDI、ソフトバンク、楽天、NEC、富士通の幹部だった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]