/

この記事は会員限定です

「友人」なき中国 対米戦略で課題 D・グロスマン氏

米ランド研究所上級防衛アナリスト

[有料会員限定]

激しく覇権を争う米国と中国は、インド太平洋地域などで外交関係の強化に力を入れる。他国との友好関係には軍事基地へのアクセスや政治的な利益、貿易機会など大きな戦略的利点がある。

インド太平洋地域の中では、米国とインドの関係は大きく進展した。米国と台湾の非公式な外交関係は実質、格上げされた。米国は東南アジアの大部分において、外交上の強みを維持している。トランプ政権の「自由で開かれたインド太平洋」という戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1600文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン