/

この記事は会員限定です

新型・胃袋争奪戦が勃発、食の内・中・外の垣根崩れる

編集委員 中村直文

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大以降、大手スーパー、ライフコーポレーションの売り場に有名な外食チェーンが相次ぎ「出店」している。お好み焼きの千房、牛タンの利久、居酒屋のエー・ピーカンパニー……。期間限定の外食企業による販路拡大策の一環だ。

店舗での販売減に苦しむ外食企業はこぞって脱・店舗の強化に動き出した。吉野家は牛丼パックの小売りでの販促を強め、2年前に比べ売上高が60%近く増えた。持ち帰りも伸び、売り上げに占める比率が60%と一時的に店内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン