/

鹿と列車の接触、音で回避へ JR西・岡山支社が試行

向かって左の前照灯の下部にあるスピーカーから鳴らす(23日、岡山市の岡山気動車区)

JR西日本岡山支社は23日、列車と鹿の接触事故の抑制を狙った忌避音発生装置を公開した。車両から鹿が嫌がる警戒音などを鳴らし、鉄分や塩分を求めてレールをなめに来る鹿の逃走を促す。27日から装置を搭載した気動車2両を姫新線の佐用(兵庫県佐用町)―新見(岡山県新見市)間で試験運用し、効果が確認されれば他の車両・路線への拡大を検討する。

鉄道総合技術研究所が開発した技術を活用。音は鹿の天敵である犬の鳴き声とオオカミの遠ぼえも合わせていて、車両の前後2カ所に取り付けたスピーカーから出す。あらかじめ鹿との接触が多い地点(同区間の場合28カ所)を登録し、車両に搭載した全地球測位システム(GPS)で位置を特定して流す。同社は既に、山口県を走る美祢線で試行している。

音量は100メートル先まで聞こえる大きさといい、接触での車両故障に加え接近による徐行運転や緊急停止を減らす効果も見込んでいる。同支社によると、管内で列車と鹿の接触は増加傾向にあり、2019年度は129件と前年度比で57件増えた。岡山気動車区の前田武郎区長は「接触を少しでも減らして、より安心・安全に利用してもらえれば」と話している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン