/

この記事は会員限定です

コニカミノルタ、45年ぶり安値 浮上に欠かせぬ在庫改革

証券部 江口良輔

[有料会員限定]

コニカミノルタ株が45年ぶりの安値圏に沈んでいる。オフィス向け事務機の不振が主因で、昨年末比の下落率は競合のキヤノンリコーより大きい。コロナ禍前からキャッシュを生み出す力が弱まっており、成長期待が高まらない。株価浮上のためには、在庫改革が最優先課題になりそうだ。

「年度末には在庫回転日数を3カ月未満に」。情報機器を管掌する大幸利充専務執行役は、海外の販売会社や生産部門のトップを交えたオンライン会議を毎週のように重ねている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1374文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン