/

三菱ケミカルHD、新社長にベルギー出身ギルソン氏

記者会見に臨む三菱ケミカルHDの社長に新しく就任するジョンマーク・ギルソン氏(右)と越智仁社長(23日、東京都千代田区)

三菱ケミカルホールディングスは23日、食品や医療関連素材を手掛ける仏ロケット社の最高経営責任者(CEO)を務めるジョンマーク・ギルソン氏(56)を2021年4月1日付で社長に招く人事を発表した。三菱ケミカルHDの経営トップに外国人が就くのは初めて。越智仁社長(68)は21年6月の株主総会で退任し、小林喜光会長(73)は留任する。

ジョンマーク・ギルソン氏 89年ダウコーニング入社。14年からロケット社CEO。ベルギー出身。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン