[FT]バイデン候補新評伝、意外な素顔を明らかに

米大統領選
エドワード・ルース
FT
FT commentators
2020/10/23 16:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バイデン氏は過小評価されがちだ。バイデン氏に話しかけることは、止めることのできない栓を開けるようなもの――。英国のある外交官はこう表現した。10月27日に発売される元副大統領の評伝を著したエバン・オスノス氏に言わせれば、バイデン氏の言葉は「質と量の荒野に住む」。その言葉は、脈絡を追えたとしても、シャーリー・テンプルの歌のように陳腐なことも多い。最初の妻との出会いを「真っ逆さまに恋に落ちた」と表現…

FT commentators

USナショナル・エディター

Edward Luce FTに入社後、1年休職し米ワシントンで当時の米クリントン政権の財務長官ローレンス・サマーズ氏のスピーチライターを務めた経験を持つ。2006~11年米ワシントン支局長を経て、現在は米政治を様々な局面から切る現職に。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

FT commentators

電子版トップ



[PR]