/

この記事は会員限定です

[FT]バイデン候補新評伝、意外な素顔を明らかに

[有料会員限定]
Financial Times

バイデン氏は過小評価されがちだ。バイデン氏に話しかけることは、止めることのできない栓を開けるようなもの――。英国のある外交官はこう表現した。10月27日に発売される元副大統領の評伝を著したエバン・オスノス氏に言わせれば、バイデン氏の言葉は「質と量の荒野に住む」。その言葉は、脈絡を追えたとしても、シャーリー・テンプルの歌のように陳腐なことも多い。最初の妻との出会いを「真っ逆さまに恋に落ちた」と表現し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

エドワード・ルース

Edward Luce FTに入社後、1年休職し米ワシントンで当時の米クリントン政権の財務長官ローレンス・サマーズ氏のスピーチライターを務めた経験を持つ。2006~11年米ワシントン支局長を経て、現在は米政治を様々な局面から切る現職に。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン