/

福島第1処理水、月内決定見送りへ 政府

(更新)

梶山弘志経済産業相は23日の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所にたまる処理水の海洋放出について「27日には政府方針を決定しない」と述べた。政府が検討する海洋放出の決定は11月以降にずれ込む見通しだ。

梶山氏は「丁寧に今やっている。関係省庁の検討を深め、適切なタイミングで政府として責任を持って結論を出したい」と指摘した。

加藤勝信官房長官は記者会見で「具体的な決定のタイミングを話せる段階にない」と語った。

政府は23日、関係省庁の副大臣らによる廃炉・汚染水対策チーム会合を首相官邸で開いた。梶山氏は記者会見で「国内外への科学的根拠に基づいた情報発信や風評対策について、できることから取り組む」と表明した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン