/

神奈川県大和市と小田急などが協定 歩きスマホ防止で

神奈川県大和市は23日、スマホ画面を注視しながら移動する「歩きスマホ」の防止に向け、小田急電鉄や相模鉄道、東急電鉄と連携協定を結んだ。同市が7月に施行した、歩きスマホ防止を促す条例の意識啓発や周知を図る。

私鉄3社はいずれも大和市内を通る路線を持つ。協定をもとに今後、駅構内で啓発ポスターを掲示したり、条例を構内放送で紹介したりする。鉄道駅は「色々な人の目に条例が触れやすい」と市道路安全対策課は期待している。

これまで同市が駅にポスター掲示などを依頼する際は、同じ鉄道会社でも駅ごとにやり取りする必要があった。企業と直接協定を結んだことで、手続きがスムーズになるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン