森の中で出会った哲学 哲学者 宇野邦一

エッセー
2020/10/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フランスに留学した1970年代に、パリの東側の広大な森のなかにある大学に通い始めた。にわか作りの粗末な校舎のそれほど広くない教室に、机を片隅に積みあげてスペースを作り、数百人がぎっしりつめて座り、哲学者の講義に耳を傾けた。様々な年齢の、学生には見えない聴衆が多かった。犬を連れた人もいた。講義を聞いた後には、廊下でソーセージを焼いて売る人もいた。まだ喫煙が大目に見られていた時期で、冬はしめ切った教…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]