4年間で164集落が消滅、人口減・高齢化で拍車
日経グローカル

2020/10/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2015年4月から19年4月までの4年間で住民がゼロになって消滅した集落が全国で164あることが総務省の調査でわかった。消滅集落は調査対象市町村の集落の0.2%にすぎないが、将来に消滅する可能性がある集落は5%近い3622集落に上る。地方の人口減少・高齢化は急速に進んでおり、今後、集落の消滅が加速する可能性もある。(日経グローカル398号に詳報)

総務省は19年9~11月に「過疎地域等における集…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]